kirick  
 
menu comic horror boyslove lightnovel general kazari
contentsk
ボーイズラブ
前のページへ|1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15次のページへ

嘘つき王子と紅の侍従 嘘つき王子と紅の侍従
著/朝日奈れん カバー/羽純ハナ

発行日:2015年7月30日 本体価格:600円

 「ヒューデンワースの至高」と賞され、ヒューデンワースを諸外国の注目の的にさせたこの国の第一王子メイフィス。類い希なる美貌に知性と品性を兼ね備え、剣の腕も立ち、いかなるときも神対応。しかし、その真の姿を知るのは傍付き侍従のリドルのみ。外面の良さはつつがなく王位を継ぐためであり、二人きりになるやズボラなオレ様となるメイフィスに振り回されるリドルだが、幼い頃に命を救われ、どこの国の者でもない異質な存在の自分を傍付きに取り立ててくれたメイフィスに密かに恋情を抱いていた……

コクーン コクーン
著/桜井哉々子 カバー/ニジタ

発行日:2014年10月9日 本体価格:700円

 時は明治。結婚もせず、学問の才に恵まれながらその有効活用にも消極的な辰之介に舞い込んだ養蚕研究の話。繭にも生糸にも興味はない。もとより断るつもりで話の出所だという星名家へ行ったが最後、星名家の美貌の子息・良太郎に鮮やかに謀られ、心ならずも研究を引き受けることに……だが、何かに一筋に生き、その男にしては整った顔かたちのせいだけではない美しい輝きを放つ良太郎に、辰之介はいつしか心惹かれ……

 養蚕の発展を願う青年たちの熱情の日々と、その中でゆるりと紡がれる愛。


本日、怪獣を預かりまして 本日、怪獣を預かりまして
著/藍川真冬 カバー/千繭子

発行日:2014年3月13日 本体価格:700円

「三歳児って何食うんだ? ケータイで調べてみる」
 突然やってきた父親の再婚相手に腹違いの弟・凛を託された哲郎。都会で気ままな大学生活を送っていたところへ突きつけられた家族の役目。弟とはいえ幼子の扱い方がわからず途方に暮れる哲郎に救いの手を差し伸べたのは、これが二度目となる高取であった。家が託児所という高取の子どもの扱いはお手のもの。そんな高取に助けられながら三歳児との生活が始まって……。


やさしい結末 やさしい結末
著/藤野一葉 カバー/幸村佳苗

発行日:2013年10月24日 本体価格:700円

 父親の会社が不渡りを出し、真鐘は債権者から援助と引き替えに愛人関係を迫られていた。そこへ手を差し伸べたのは、男と約束したホテルのラウンジで出会った実業家の巽。「どうしても売らねばならないなら、もっと価値を認めてくれる相手にしたほうがいい」全ての尻拭いをする代わりに巽も眞鐘を求めると言うが、キスの経験すらない身体を差し出すなら、美しく優しい巽に……。やがて真鐘は、金の関係にも拘わらず怖いほど優しい巽に恋愛感情を抱きはじめる。初めて会った自分に優しくしてくれるのは、なぜ……?

初恋のつづきは子どもを連れて 初恋のつづきは子どもを連れて
著/仙崎澪 カバー/眞山りか

発行日:2013年9月12日 本体価格:600円

 小さいながら自分の店を持ったパティシエの春樹の前に、高校時代の友人・康平が現れた。中性的な春樹とは対照的に、康平は日に焼けた男らしい体を作業服に包み、頭には白いタオルを巻いた見るからにガテン系。そして、その傍らには幼い少女の姿が──。
今年で二十八歳。結婚して子どもがいても不思議ではないというのに、懐かしさとともに妙な感覚が湧き上がる。春樹は昔もずっとこんな気持ちを抱えていた。その気持ちに名前があるなんて知らずに……。

 「upppi」で連載された本編に加え、康平サイドの書き下ろし番外編を収録。
(発行:キリック/upppi)


獰猛な恋人 獰猛な恋人
著/藤野一葉 カバー/もちぬ

発行日:2013年2月14日 本体価格:700円

「俺を拒否して、誰と組む気だ?」
 ある事件をきっかけに組長の愛人の子という過去を書きかえ捜査一課の刑事になった蘇鴬。ヤクザがらみの事件でマル暴と共同戦線を張る矢先、毛嫌いする波多野の好色な振る舞いに過剰反応した蘇鴬は停職処分を喰らってしまう。ところが、その停職を波多野は強引に解き、蘇鴬は無理矢理タッグを組まされてしまい……。
 一方、事件は過去を隠す蘇鴬を揺るがす事態へと発展していき──。


あなたのみかた あなたのみかた
著/桜井哉々子 カバー/ninjin

発行日:2012年12月13日 本体価格:700円

「つまり、おれと恋人同士になりませんかというお誘いです」
 傾きかけた温泉街の行く末を案じる老舗旅館の若旦那・正彰が中心となり、地元出身の建築家と共に再生計画に乗り出した。建築事務所に勤める洋武は、熱意と聡明さを兼ね備えた正彰をひと目見たときから忘れられないでいた。それは会うたびに確信へと近づき、ついに恋人同士にならないかと持ちかけるが、正彰は怒りをあらわにして……。


ワンだふるライフ ワンだふるライフ
著/仙崎澪 カバー/上田にく

発行日:2012年9月27日 本体価格:700円

 大学生の空良はペットショップでアルバイトをしている。ある日、仔犬のゲージに張り付いたスーツ姿の男に「よかったら抱いてみますか?」と声をかけると、何を勘違いしたのか男は空良を抱き締めた──空良が愛犬に似ていたから抱き締めたとのたまう鏡という男は、なんと誰もが知る企業の社長。しかも、ひょんなことから鏡の邸で家政夫をすることになってしまって……。
 立派だが荒れ果てた邸に一人で暮らしていた鏡。いつも飄々としているが、時折見えてしまう深い悲しみ。いつしか空良は、それを少しでも取り払うことができたらと思うようになり……。


前のページへ|1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15次のページへ